腱鞘炎・バネ指

江戸川区の土肥接骨院の腱鞘炎、バネ指の治療には早期改善するコツがあります

img01[1]

手や指、腕に痛みがあったり、ダルくなってしまったり、しびれや腫れ、動かしにくいなどといったさまざまな症状、腱鞘炎・バネ指の症状によるものかも知れません。
最近では、この腱鞘炎・バネ指を発症してしまうという方はとても増えてきているのです。

痛みやしびれなどがあると、普段の何気ない動作にも支障をきたしてしまうということも少なくありません。江戸川区の土肥接骨院では、患者様に病態を丁寧に説明いたしますので、何故こういった症状がおこってしまうのか、腱鞘炎・バネ指を発症してしまったときにやってはいけない事や、やらなくてはいけない事などを理解・把握していただくことが出来ます。
それによって、日常生活において患者様が自分自身で気をつけていくことも出来ますので、治療の効果と合わせてさらなる早期回復、改善につなげていくことが可能になっております。

江戸川区の土肥接骨院での腱鞘炎・バネ指の治療というのは、どういった状況でどのような場所が痛むのかなどを確認した上で、筋肉の緊張をとったりする独自の治療法をおこなっております。
日常生活で頻繁に使用する部位ですので、この治療によって出来る限り早く痛みを取り除いて、通常の快適な生活に戻れるように心がけております。