寝違えの治療

寝違えを起こしたらまずは冷やしてから江戸川区の土肥接骨院で治療

image_01[1] (3)

朝目が覚めて起きようとしたら強烈な首の痛みで起き上がれなかったり動くことが出来なかったりという症状を経験されたことがあるという方も少なくはないかと思います。
こういった症状は、寝違えと呼ばれており、不自然な姿勢で眠ってしまったり、ソファーなどの狭く窮屈な場所で寝てしまったりすることによって首周りの筋肉に負担がかかってしまって筋肉が緊張して硬くなってしまったり、筋を損傷してしまっていることによって引き起こされます。

寝違えというのは、しばらく安静にしていれば治るだろうと思って特に江戸川区の土肥接骨院などで治療をしないという方も多いかとも思いますが、寝違えによる痛みを感じたら出来るだけ早めに江戸川区の土肥接骨院にて適切な治療を受けることによって早急に痛みを取り除いていくことが出来るのです。

自分で処置をしようと思って、首から肩にかけて揉んでしまったり、温かいお風呂に浸かってほぐそうとしたり、シップを貼ったりという方もいらっしゃるかと思いますが、こうした間違った処置をしてしまうことによって症状が悪化してしまうということもありますので注意が必要です。
寝違えが起こったというときには、とにかく氷水などの冷たいもので患部を冷やすということが大切です。