突き指損傷

突き指の症状も人によって異なります。江戸川区の土肥接骨院で最適な治療をしましょう。

image_01[1] (4)

ボールを使うスポーツをしているときや、手を地面についてしまったとき、ぶつかってしまったときなど、指を強い力によって突いてしまったというときに起こるのが突き指です。

突き指というのは、関節を安定させている靭帯が損傷・断裂してしまったり、骨損傷を起こすことにより痛みがあらわれてきます。

腫れてしまったり内出血を起こしたりもして、強い痛みを伴いますので、江戸川区の土肥接骨院にてしっかりと治療をしていくことによって早く痛みを取り除いていくことが出来ます。

江戸川区の土肥接骨院では、突き指をしてしまったことによってどこに、どの組織をどの程度損傷のを起こしたかということを把握した上で、患者様の症状に合わせて治療をおこなっていくことが出来ます。
軽いものだと考えていて治療を怠ってしまいますと、のちのち成長障害につながってしまうこともありますので早期の治療が望ましいのです。

突き指をしてしまったというときに、よく自分で引っ張ることによって治すことが出来ると思われている方も多いのですが、これは症状を悪化させてしまうことになりますのでやめましょう。
傷ついてしまっている靭帯や筋肉を余計に傷めつけてしまうことになります。突き指と思っていても骨などにも影響が出ている場合もありますのでまずは受診をオススメいたします。