自転車の交通事故について

最近増えてきている自転車の交通事故も江戸川区の土肥接骨院で治療から示談までサポート

image_01[1]

交通事故というのはさまざまなケースがあり、自動車同士、自動車とバイク、自動車と自転車、自動車と歩行者、など交通事故の大きさや怪我の程度などもケースによって異なってきます。

こうしたさまざまな交通事故の中でも近年増加中なのが、自動車の事故ではなく自転車同士、自転車と歩行者という事故です。
自動車にぶつかるような事故ではなくても、自転車もスピードが出ている状態でぶつかりますとかなり大きな怪我につながってしまうこともありますし、死亡事故になってしまったというようなニュースも度々起こっているのです。
街中でもスピードの出る自転車に乗っている方というのもとても増えてきていますし、充分に注意しなくてはなりません。

どのような交通事故であっても、怪我をされたという場合にはたとえ自分で軽症だと思っても必ず警察に届け出ることが大切です。
自分の判断で大したことがない怪我だと思っていたとしても、後になって身体に痛みが出てきてしまうこともありますし、そういったときに江戸川区の土肥接骨院にて適切な治療を受けませんと後遺症が残ってしまうという場合もあるのです。
戸川区の接骨院では交通事故の怪我の専門治療もおこなっておりますし、事故に関する全般のご相談も受け付けております。