むちうち治療

病院や他の治療とは違う江戸川区の土肥接骨院でのむちうち治療

image01[1]

交通事故によるむちうち症、治療を出来るのは整形外科などの病院だけだと思われている方も多いのではないでしょうか?
確かに、交通事故後には、病院に行ってレントゲンやCT,MRIなどといった機器を使用して異常が無いかを調べてもらうのは大切なことです。しかし、そこで骨には異常が無いと言われてしまうのがむちうち症なのです。
病院では、異常が無いと言われてしまった場合にはそれ以上の治療というのはなかなか出来ないもので、痛みがあれば痛み止めの飲み薬や炎症を鎮めるためのシップ薬を処方されるくらいで治療が終わってしまいます。
こういった治療を続けていても、なかなか症状が改善されずに、事故からかなり日にちが経過しているのにも関わらず、痛みがおさまるどころか、どんどんひどくなっていってしまったり、手足に痺れが出たり、めまいや吐き気などもあらわれるようになってきてしまったりもするのです。

江戸川区の土肥接骨院では、お薬などを使った治療ではなく、専門家による丁寧な手技療法をメインとした施術をおこなって、しっかりと根本治療をおこなっております。
ゆがんでしまっている骨盤や背骨などを矯正していくことによって、つらい症状も自然治癒力によって素早く取り除いていくことが出来ます。
軽い交通事故だし、少しくらい痛みがあっても自然に治るだろうというのは、とても危険です。数年が経過してからでも痛みが続いてしまうということも御座いますので、出来るだけ早い段階から江戸川区の土肥接骨院にて専門治療をおこなっていくということが、早期回復・根本的な解消のためには必要なことなのです。
症状がひどくなってしまって、もう完全に治るということは無いだろう…と思われている方も、決して諦めずに当院までご相談ください。
後遺症が残らないように早めに治療を受けることをオススメいたしますが、すでに後遺症が残ってしまっているという方にも効果的な施術をおこなっております。

交通事故によるむちうち症というのは、いつ自分自身に降りかかってくるかは分かりません。突然の自動車の衝突やバイク・自転車での転倒など、ふいに起こる大きな衝撃によって負ってしまう怪我だからです。
予防するということは難しいのですが、自動車などを運転される際には、交通事故に遭わないように交通ルール・マナーを守った安全運転を心がけること、そして万が一の衝突時にも身体に受ける衝撃をやわらげられるように正しくシートベルトを装着しておくことということは、必ず守るようにしましょう。

むちうちに関する充分な知識を持ち専門治療が出来る江戸川区の土肥接骨院

image_09[1]

交通事故の衝撃で起こりやすいむちうちですが、一口に「むちうち」と言いましてもその症状は江戸川区の土肥接骨院の患者様の中でもお一人お一人千差万別です。
事故の大きさによって症状のあらわれ方も変わってきますし、痛みが出てくる箇所や、痛みだけではなく吐き気やめまい、手のしびれなど症状もいろいろなものが御座います。

むちうちというのは、原因や症状によって四つのタイプに分けられております。その中でも特に多いのが頸椎捻挫で、これは首の周囲の筋肉や靭帯を交通事故などの外から加わる強い衝撃によって捻挫してしまうことによって引き起こされるものです。
首が思うように動かなくなってしまって、動かそうとすると痛みがあらわれてくるようなものです。

他には、脊髄から枝分かれした神経が圧迫されてしまっていることによって引き起こされる根症状型というものや、脳に栄養を送っている椎骨動脈が血流低下してしまうことによって引き起こされるバレ・リュウー症状(後部交感神経症候群)、さらには髄液圧が急上昇した際にクモ膜が裂けてしまい、脳脊髄液が減少してしまうことによって引き起こされる脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)というものがあります。
特に神経症状を伴っているむちうちの場合には、十分な知識を持っている江戸川区の土肥接骨院などの専門家による熟練したテクニックによって治療をしていく必要が御座います。

むちうちの症状例

  • 首、頭、背中などの痛み
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • めまい、吐き気
  • 体のしびれ
  • 食欲不振

様々な症状がありますので、事故後に体に不調を感じた場合、病院にかかって異常なしと診断された場合でもむちうちを疑いましょう。(例えば、レントゲンで異常を発見されることはまずありません。)

むちうちの治療

むちうちの治療にはまず、時間がかかることを念頭においてください。怪我の程度にもよりますが、平均にして約3ヶ月になります。
交通事故の被害者に当てはまるのであれば、その間の費用は自賠責保険から支払われますし、慰謝料も発生しますため、基本的に患者様の負担する費用は0円で治療を受けて頂くこと可能と思われます。
なので金銭面の負担はそうそうないとは思われますが、どうしても長い治療になることに耐えきれずに、少し症状が軽くなったからといって自己判断で通院をやめてしまう患者様も残念ながらよくいらっしゃいます。
しかし、むちうちの恐いところが、完治させないとその後遺症はいつまでも続くということなのです。こちらを理解して頂き、最後まで施術を受けていただけることを当院は望んでおります。

また、むちうちの治療はきちんとした知識と技術をもった上での治療にあたらないと、良くはならない怪我になります。
当院は、開院から28年と長く、患者様の治療にあたらせて頂く土肥はプロボクサートレーナーとして現場での経験がございます。
先にもあります通り、現在の当院でも非常に多くのむちうちの患者様を治療しておりますゆえ、江戸川区の土肥接骨院は、むちうちの治療に自信をもっております。

どうぞご相談からお気軽にご受診ください。