むち打ち

事故の後遺症に悩む必要のない未来へ

交通事故に遭ってしまった場合、見た目でパッとわかるような外傷そのものは意外と良くなってしまうものの、そうではない目に見えない部分に負ったダメージが後遺症となって悩まされてしまうケースが非常に多く見られます。その代表的なものがむち打ちであり、この頸部の不調を江戸川区で大元から癒していきます。

もし交通事故によってむち打ちが発生してしまった場合、そのまま放っておいても自然治癒が見込まれないばかりか、重い・だるい・痛い・動かない・動きづらい・頭が痛いといった不調が半年・1年・2年と長期に亘って続き、ひどいとその期間中仕事が一切できないような状態になることもあります。交通事故でご来院された患者様がそのような後遺症に悩む必要のない明るい未来に向かって、江戸川区の整骨院として根本への自己治療を提供します。