Service Flow

施術の流れ

根本的に不調を癒すための施術の流れ

実際に当日はどのような流れで施術が進んでいくのか、この場で解説いたします。発覚した根本原因と、そこに対する施術に誤差が生じると、その分通院期間が長期化してしまう恐れもあります。その誤差が出ないよう一連の流れでハイクオリティーな施術を、患者様一人ひとりに合わせて提供します。そのためにも当日は、不調に関する悩みや日常生活の習慣などについてお伺いします。
AdobeStock_289423169[1]

ご不明点へのお問い合わせやご予約を

痛みによる根本的な施術が気になる際には、ぜひ気軽にお問い合わせください。施術に痛みは伴うのか・平均的にどのくらいの期間通院する必要があるのか・現金以外の支払い方法の有無・着替え持参は必要かなど、ご質問も歓迎しています。そして初回のご予約をお入れいただくことが、皆様が悩み続ける不調を根本から癒すための第一歩であり、不調のない明るい未来へと繋がっていきます。
AdobeStock_331597451

整骨院横に駐車場2台分を確保してお迎え

ご来院にあたっては、お車でのアクセスが便利なよう、対応しております。患者様が無料でお使いいただける駐車場が2台分完備してあります。よって、近くのコインパーキングの空きがあるか・駐車料金はどのくらいかなどを気にする必要はありません。こうしてコンスタントに相応の長期間を見越して通院を続けていただくことが、再発のない健康的なお身体へと繋がっていくでしょう。
整骨院22

まずは問診票のご記入をお願いします

より客観的に患者様の不調について理解を深めるため、到着後まずは問診票のご記入をお願いいたします。そのため、初回の通院時においては問診票ご記入のお時間を見積もって、少々早めにご到着いただけますとよりスムーズに施術が進んでまいります。予約優先制となっているため、予約しているお時間は最大限、ヒアリングや施術に活用することで一回の施術成果を最大化します。
AdobeStock_301511217

続いて仕組み化されている問診へ移行

ご記入いただいた問診票の情報を元に、仕組み化されている問診に入ります。あらかじめ決められた質問事項にご回答いただくことで、根本原因の把握がスムーズで的確になるよう事前に質問内容を熟考しました。患者様によって日常の生活習慣・仕事内容・育児の有無・睡眠習慣など、このようなものは十人十色であるため、カウンセリングも含めてこれらをありのままに把握していきます。
AdobeStock_252776775

詳細のカウンセリングと不調の現状把握

続いて、患者様によって一人ひとり異なるカウンセリングと不調の現状把握を行います。そして同じ患者様であっても、当日のお身体の歪み具合・痛み具合・こりを感じる場所・前日をどのように過ごしたのかなどが異なっているでしょう。だからこそ、その日ごとに的確に患者様のお身体がどのような状態かを把握していき、当日の状態に最適な施術プランを構築していきます。
AdobeStock_252780228

発覚した不調の根本原因について説明

こうして問診・カウンセリング・現状把握などによって導き出された、施術当日における不調の根本原因について、患者様が理解しやすいように解説します。初回・2回目・3回目と適切な施術が進んでいくことによって、元々の根本原因は癒され、また別の原因が表面化してくるといったこともあるため、この根本原因は必ずしも毎回同じになるとは限らないため、毎回しっかりご説明します。
AdobeStock_350993892

決定した施術プランについてのご提案

発見した根本原因に基づいて院長が導き出した、患者様のお身体当日の具合に最適化した施術プランを構築し、具体的にご提案します。この際、なぜこのような施術が必要なのか・なぜ不調を感じる患部ではなく全く関係のない離れたところを施術するのかなど、何かご不明点が浮かんだ際には遠慮なくご質問ください。患者様一人ひとりがご納得いただいた上で、当日の施術プランを決定します。
AdobeStock_381288269

患者様に最適な通院スケジュールの解説

たとえ同じ腰痛であっても、ぎっくり腰の場合は二日に一回等できる限り短いスパンでの通院をご提案することもあれば、慢性腰痛の場合は週に一回長期的な見通しをもっての通院をご提案することもあります。また、回数を重ねるごとに通院の頻度は徐々に少なくなっていくでしょう。このように、当日の患者様にとって最適と考えられる通院スケジュールについて毎回再考し、ご説明します。
AdobeStock_88038775

施術終了後にお支払いとなります

支払い方法は現金のみとなっておりますが、今後は状況次第で別の支払い方法も導入する可能性があります。施術料金も慢性的な肩こりや腰痛には自費でのお支払いとなるものの、捻挫・骨折・スポーツ外傷などといったものには保険が適用されて3割負担となり、交通事故治療の場合は自賠責保険によって窓口での患者様のご負担がないため、継続的に通院しやすくなるでしょう。