〝骨に異常ありません〟捻挫?激痛‼

query_builder 2022/06/07
リハビリスポーツ

休日にスポーツ・サッカー試合中に誤って足首を強く捻ってしまった中学生。

休日担当・医科に受診し〝骨に異常ありません〟との診断、内服薬と湿布処置を受け帰宅。 翌日、当院来院されました。

外くるぶしがボッコリ腫れ、痛みというより激痛、歩行もかなり困難な状態、触診と徒手検査・前方引き出しテスト(前距腓靭帯の機能不全を意味する)陽性。

この徒手検査・前方引き出しテスト陽性の意味するところは二つ、①前距腓靭帯の付着部での剥離骨折、②前距腓靭帯の部分断裂or完全断裂です。

医科でのレントゲン検査所見、臨床所見を総合して



診断:足関節靭帯損傷と判断。

処置:テーピング固定3週間、免荷歩行(松葉杖)2週間、湿布、包帯固定としました。


当院では画像のように靭帯を「捻挫・靭帯損傷・靭帯断裂」と分類してその都度的確なる処置を行っております。

足首の捻挫を中途半端な状態で放置すると〝癖になる〟のは靭帯損傷・断裂を起こしていたのにもかかわらず適正なる治療・固定を行わなかった場合が多いように思います。    



〝必要な時に、必要なだけ、必要なことを〟

これが最も大切、これが最も早く治るコツ!    



当院では〝医療は必要性〟との前提のもと『保険診療』を基本ベースに治療方法を選択しています。

何かお困りの事がございましたら当院までお気軽にお越しください。  


◆江戸川区で整骨院を開業して35年、日々努力・精進・勉強、よりクオリティの高い院を目指して!

----------------------------------------------------------------------

公益社団法人

土肥接骨院

住所:東京都江戸川区新堀 1-31-9-101

電話番号:03-3698-0450

----------------------------------------------------------------------