成長線での骨折、骨端線離開! 

query_builder 2022/06/18
リハビリスポーツ

成長期に見られる特徴的な骨折に外傷性骨端線離開があります。

骨の端にある軟骨で形成されているいわゆる成長線です。

スポーツや日常生活において不幸にしてこの部分に強い外力がかかり、この軟骨部分で骨折を発生させます。

転位が少なかったり、実質骨に部分に骨折線が到達していないと見落とすことがあるようなわかりづらい骨折です。

この部分での骨折・外傷性骨端線離開を見逃すと後々、成長障害につながり機能障害や痛みの原因、また外観上の変形(変な形の指)を後遺障害として残すことが懸念されます。

転位・ズレがあれば解剖学的正常なる位置への整復を行い、しっかりとした固定を3~4週間行うのが一般的です。

固定除去後はリハビリスタート、少々痛みを伴ったとしても少しずつ着実に関節可動域の拡大・筋力強化していくことが大切です。    



〝必要な時に、必要なだけ、必要なことを〟

これが最も大切、これが最も早く治るコツ‼  


 

当院では〝医療は必要性〟との前提のもと『保険診療』を基本ベースに治療方法を選択しています。

何かお困りの事がございましたら当院までお気軽にお越しください。  


◆江戸川区で整骨院を開業して35年、日々努力・精進・勉強、よりクオリティの高い院を目指して!

----------------------------------------------------------------------

公益社団法人

東京都柔道整復師会

土肥接骨院

住所:東京都江戸川区新堀 1-31-9-101

電話番号:03-3698-0450

携帯電話:090-4747-7774

----------------------------------------------------------------------