「グラストンテクニック」と言う名の「筋膜リリース」 

query_builder 2022/08/02
むち打ちリハビリ筋膜リリーススポーツ

「筋膜リリース」とか「筋膜はがし」とか「癒着はがし」とも言われる「グラストンテクニック」。

※現在は「ファシア スリック テクニック」とも言われます。

最初の起源は、スポーツで「水上スキー」の選手が膝の靭帯損傷を発症し、リハビリの段階で「どうしても膝の関節拘縮を改善したい」との思いから、試行錯誤の末「金属ツールで拘縮部分をこする」と言う方法を考え出し、それが時間の経過とともに「医学的理論」「医学的意義」「臨床上の効果」などが研究・認知され現在に至っています。

損傷個所、ここでは仮に「膝関節の内側側副靭帯損傷」を起こしたとします。

保存的に4週間のギプス固定+免荷歩行(松葉杖)、ギプス除去後は歩行時装具装着、リハビリスタートとなります。

この時の治療の主目的は「関節可動域の制限除去」+「筋力増強訓練」となります。

この過程で筋膜リリース・グラストンテクニックを行うことによって、靭帯再生時の瘢痕化を破壊し、きれいな靭帯の再構築を促す役目を果します。

再生したばかりの靭帯というのは不完全な状態(いわゆる何となく繋がるが、きれいな組織では無い)であるため、柔軟な収縮という機能が不十分なのです。

その不十分な靭帯機能を一刻も早く従前の靭帯機能に戻すために筋膜リリース・グラストンテクニックは誠に有効なる治療法と考えます。

そしてさらに筋膜リリース・グラストンテクニックは他疾患の、寝違い、野球肘、テニス肘、五十肩、筋・筋膜性腰痛症、肉離れ、ひどい肩こり、むち打ち症の後遺症などにもとても有効なる治療実績を上げています。



〝必要な時に、必要なだけ、必要なことを〟

これが最も大切、これが最も早く治るコツ‼  



当院では〝医療は必要性〟との前提のもと『保険診療』を基本ベースに治療方法を選択しています。

何かお困りの事がございましたら当院までお気軽にお越しください。  


◆江戸川区で整骨院を開業して35年、日々努力・精進・勉強、よりクオリティの高い院を目指して!

----------------------------------------------------------------------

公益社団法人

東京都柔道整復師会

土肥接骨院

住所:東京都江戸川区新堀 1-31-9-101

電話番号:03-3698-0450

携帯電話:090-4747-7774

----------------------------------------------------------------------