シンスプリント/過労性脛骨骨膜炎

query_builder 2022/08/06
リハビリ筋膜リリーススポーツ

 スポーツマンのオーバーユース障害で発生する疾患の一つにシンスプリント(※過労性脛骨骨膜炎とも言う)があります。

ランニングやジャンプ&着地を繰り返すようなスポーツ・運動に多く見られます。

足のふくらはぎの真ん中よりやや下部・内側・後方の痛みを主訴とします。

好発年齢は12~16歳、男女比は女性の方が1.3~3倍多いと言われています。

オーバーユースという事が主たる原因となる例が多いのでやはり「運動量のコントロール」が大切です。

それからシューズやフォーム、硬いグランドなどもその要因になることがあります。

治療は「運動量のコントロール」と下腿内側筋群(ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋)の硬結の緩和が中心となろうかと思います。

当院では患部に筋膜リリース・グラストンテクニックを行うことによって良好なる治療成績を得ています。

シンスプリント/過労性脛骨骨膜炎が中々良化せず長期化している方、現在の治療に不安・不満のある方はぜひ当院にお越しください。    



〝必要な時に、必要なだけ、必要なことを〟

これが最も大切、これが最も早く治るコツ‼  



当院では〝医療は必要性〟との前提のもと『保険診療』を基本ベースに治療方法を選択しています。

何かお困りの事がございましたら当院までお気軽にお越しください。  


◆江戸川区で整骨院を開業して35年、日々努力・精進・勉強、よりクオリティの高い院を目指して!

----------------------------------------------------------------------

公益社団法人

東京都柔道整復師会

土肥接骨院

住所:東京都江戸川区新堀 1-31-9-101

電話番号:03-3698-0450

携帯電話:090-4747-7774

----------------------------------------------------------------------